運用する・備える

投資信託のご案内

杜の都信用金庫 登録金融機関 東北財務局長(登金)第39号

投資信託とは?

「投資信託」(ファンドとも呼ばれる金融商品)は、多くのお客さまからお預かりした資金をひとつにまとめ、運用の専門家である投資信託会社が、高い情報収集力、調査・分析力を駆使し、複数の株式や債券等の金融商品に投資(運用)し、その成果をお客さまに還元する商品です。

投資信託の特徴

・株式や債券などに分散して投資します。

投資信託では、複数の銘柄に少しずつ資金を分散して投資しますので、全体的に値動きが平均化され、リスクを抑えた運用を目指すことができます。

・専門家が運用します。

株式や債券などに投資するには、専門的な知識が必要となります。投資信託の場合は多くのお客さまからお預かりした資金をまとめて、運用の専門家がバランスのとれた分散投資を行います。

・小さな資金から始められます。

投資信託は、数多くのお客さまからお預かりした資金をまとめ、株式・債券などの有価証券で運用する商品ですから、1万円程度の「小口資金」から始められます。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

NISA(小額投資非課税制度)について